産業廃棄物処理業講習会の日程

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

2月なのに春のように暖かく感じる日もあれば、翌日には凍えるほどの厳しい寒さがやってくる今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。事務所近くのお客様を訪問する際は自転車での移動が多いので寒風が身に染みております。

さて産業廃棄物の処理業の許可をお持ちのお客様とのよくある会話が、もうすぐ更新時期だけどうっかりしていてまだ講習会を受けていなかった!というもの。

申請時には講習会を受講した後に交付される修了証の提出が必要なため許可期限までに余裕をもって受講することをお勧めします。許可期限ぎりぎりだとお近くの会場での講習会が終了していたり定員に達したりしてしまい、わざわざ遠方の講習会を受講しなければいけないという場合もあります。

つい先日、講習会を開催している日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)のホームページで2020年4月と5月の講習会日程が発表されました。2020年度すべての開催日程は3月24日(火)に掲載されるようですので、近く新規許可の取得や更新時期を迎える事業者の方は受講スケジュールの確認をされると良いかと思います。ちなみにインターネットでの受講申込みだと通常料金より500円引きになるようです。

産業廃棄物の収集運搬業の許可申請にあたって、どの講習会を受講すればよいか、会社内の誰が受講すればよいかなど、ご質問やご相談はお気軽にお問い合わせください。

当事務所では、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県など関東地方の申請の代行はもちろんのこと、関東地方以外の日本全国の申請も代行を承ります。申請にかかる料金などはこちらをご覧ください。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
(日曜日・祝日もお気軽にお問い合わせください)

車庫証明をお急ぎのお客様へ

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

昨日と今日のさいたま市は日中はコートいらずの暖かさで、お客様を訪問する際に歩いていると少々汗ばむくらいの暖かさでした。少しだけ春の気配を感じましたが、明日からはまた寒くなるようですので体調管理には気を付けたいと思います。

ここ最近は遠方のディーラー様より車庫証明取得のご依頼をいただく機会が増えていて本当にありがたいです。特に一度お取引きをさせていただいたお客様が再度依頼をしてくださることも多く、本当にうれしくいつも感謝しております。

さて、そんな車庫証明の申請業務で時々あるご相談が「使用承諾書の記載が間違っているので訂正印をもらわないといけないが、代わりに不動産屋さんへ行ってもらえないか?」というもの。お急ぎのディーラー様にとって郵送で再度やり取りをしていると自動車登録に間に合わない場合もあるかと思います。

使用承諾書に限らず申請書の記載ミスなどで訂正が必要な場合に申請者様のもとへ伺い訂正印をいただくことも可能です。当事務所からの距離に応じて3,000円~5,000円程度の追加料金にて対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

また車庫証明の受領から登録までの期間に余裕がない場合などは、ご指定の場所へ車庫証明をお届けするといった対応も承ります。ただしスケジュールによっては対応が難しい場合もありますので事前にご相談をいただけますと幸いです。

車庫証明申請の料金表はコチラをご覧ください。

事務所近くの大宮警察署や浦和西警察署だけでなく、自宅は蕨市のため蕨警察署の管轄区域である蕨市・戸田市の車庫証明は最短のスケジュールで迅速丁寧なサービスを心掛け対応させていただきます。

大宮警察署、浦和西警察署、蕨警察署以外のエリアも可能な限り最短のスケジュールで車庫証明取得の対応をさせていただきますので全国のディーラー様、行政書士事務所様からのご依頼もお待ちしております!

お問い合わせの際に弊所への書類の発送方法(レターパックライト、レターパックプラス、ヤマト運輸宅急便など)と車庫証明返送のご希望日をお知らせください。また可能であれば発送時の追跡番号もお知らせいただけますと幸いです。(お分かりになればで構いません)

お支払い方法は車庫証明と一緒に請求書をお送りしますので、指定口座に後日お振込みとなります。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。日曜・祝日もお気軽にご連絡ください!
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

事業年度終了報告書の提出はお済みですか?

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

今年は暖冬のせいか日中は暖かい日が多いので、寒さが苦手な私としては助かっています。とはいえ夕方から夜にかけては急激に冷え込み寒くなるので体調など崩さないように気を付けなければいけませんね。

1月もあっという間に3分の2が過ぎましたが、年明けから建設業者様より事業年度終了報告についてのお問い合わせが増えています。

建設業許可を取得している事業者様は、法人の場合は毎年決算期が終了後4カ月以内、個人事業主の場合は毎年4月末までに事業年度終了報告書を提出しなければなりません。埼玉県では事業年度終了報告書、東京都では決算変更届と呼びますがどちらも同じ内容の書類です。

この事業年度終了報告書は毎年の提出が義務付けられているもので、提出を怠ったまま次回の更新を迎えてしまうと建設業許可の更新ができないことになるので注意が必要です。

当事務所では更新時期の間近に、「事業年度終了報告を提出していなかった!」と慌てることがないように、毎年決められた期限内に提出するためのサポートをさせていただきます。

また、うっかり提出を忘れていたというような場合でも、複数の年度分を遡って提出することができるのでまずは一度ご相談ください。事業年度終了報告書の作成・提出の料金はこちらです。

事務所所在地のさいたま市だけでなく、自宅は蕨市のため蕨市・戸田市・川口市のお客様も迅速に対応させていただきます。もちろんそのほかのエリアのお客様も迅速に対応いたしますのでお気軽にご相談ください!

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

車庫証明申請のご依頼ありがとうございます!

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

12月になってから車庫証明申請のため埼玉県内各地の警察署へ行く機会が増えています。以前からご依頼をいただいているディーラー様や行政書士事務所様だけでなく、ホームページをご覧になったお客様から新規のお問い合わせをいただき本当に嬉しい限りです!

年末が差し迫っているためかお急ぎのお客様が多い気がしますが、可能な限り最短のスケジュールで迅速丁寧なサービスを心掛け対応させていただきます。車庫証明申請の料金表はコチラをご覧ください。

車庫証明申請の業務は近隣のお客様からの依頼が多いのかと思っていましたが、最近はインターネットなどで中古車を購入するケースも増えているようで、意外にも全国のディーラー様などから問い合わせがあるので驚いています。

事務所近くの大宮警察署や浦和西警察署だけでなく、自宅は蕨市のため蕨警察署の管轄区域である蕨市・戸田市の車庫証明は最短スケジュールでの対応が可能です。

大宮警察署、浦和西警察署、蕨警察署以外のエリアも可能な限り最短のスケジュールで車庫証明取得の対応をさせていただきますので全国のディーラー様、行政書士事務所様からのご依頼もお待ちしております!

お問い合わせの際に弊所への書類の発送方法(レターパックライト、レターパックプラス、ヤマト運輸宅急便など)と車庫証明返送のご希望日をお知らせください。また可能であれば発送時の追跡番号もお知らせいただけますと幸いです。(お分かりになればで構いません)

お支払い方法は車庫証明と一緒に請求書をお送りしますので、指定口座に後日お振込みとなります。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。日曜・祝日もお気軽にご連絡ください!

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!

産業廃棄物処理業変更届出書

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日とあるお客様よりブログの文章が少々固いのでは?という指摘をいただきました。お会いしたことがある方には、想像してたよりも物腰が柔らかいね~、とか人柄が良さそうだね~などと言われることが多いのですが、文章だとつい固くなってしまうようです。

というわけで、これからは今までよりも少し砕けた文章を多用していきたいと思います!いきなり無理している感じがしないでもないですが…。

さて、今回は産業廃棄物収集運搬業の許可申請をしたお客様より収集運搬に使用する車両の追加と廃止があったので届出をしたいとのご相談をいただきました。

産業廃棄物収集運搬業の許可を取得したのちに法人の所在地や名称、代表者や役員、株主の変更があった場合には変更届の提出が必要となりますが、車両の追加や廃止があった際にも届出が必要です。

登録している車両が多い場合などつい忘れてしまいがちですが、車両の廃止又は変更の日から10日以内に提出することとされています。収集運搬業の許可は複数の都道府県で取得している場合が多いと思いますが、届出も各都道府県ごとに提出する必要があるため、多くの都道府県で許可を取得している事業者様ほど変更届の提出は面倒に思われるかもしれません。

当事務所では忙しいお客様に代わって変更届出書の作成から都道府県庁への提出まで迅速に対応いたします。車両の変更や役員・株主の変更など許可証の書換えが必要ない場合と法人の本店所在地や個人事業者の住所変更、法人の名称変更や代表者の変更など許可証の書換えが必要な場合とで料金は異なります。

埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県など関東地方の変更届の提出はもちろんのこと、関東地方以外の日本全国の届出も代行を承ります。料金などはこちらをご覧ください。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
(日曜日・祝日も可能な限り対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください)

年末で何かと慌ただしい時期かと思いますが、年内にやり残したことがないよう手続きを忘れないようにしましょう!

スーパーエコタウン見学会に行ってきました

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

最近は産業廃棄物収集運搬業の許可申請について問い合わせをいただくことが増えており、廃棄物処理の理解をより一層深めるため東京商工会議所 荒川支部様 主催のスーパーエコタウンの施設見学会に参加してきました。以下はスーパーエコタウン事業について、東京都環境局のホームページからの引用です。

“東京都は、首都圏における廃棄物問題の解決と環境産業の立地を促進し、循環型社会への変革を目的に、国の都市再生プロジェクトの一環として、「スーパーエコタウン事業」を推進してきました。

この事業は、臨海部の都有地に廃棄物・リサイクル施設を整備するもので、平成29年6月に全ての施設整備が完了し、都では最先端の環境技術を取り入れた廃棄物処理及び再資源化について理解を深めるとともに、情報を広く発信するため、スーパーエコタウン施設の見学会を開催しています。”

スーパーエコタウンには様々なリサイクル施設がありますが、今回、見学をさせていただいたのは下記の2施設です。

●株式会社アルフォ様(食品廃棄物飼料化・バイオガス発電施設)
●中間貯蔵・環境安全事業株式会社様(PCB廃棄物処理施設)

株式会社アルフォ様は、ホテルやレストランなどから排出される事業系一般廃棄物(生ごみ)や食品工場などから出る産業廃棄物(動植物性残さ)などを受け入れ、乾燥処理することで養鶏・養豚用の配合飼料の原料を製造しています。

この施設の大きな特徴は、乾燥工程を効率化するため、廃棄物の固液分離を行い、分離した液体でメタン発酵による発電設備を併設していることで、配合飼料原料だけではなくエネルギーとしてもリサイクルしていることです。

次に、中間貯蔵・環境安全事業株式会社様は一都三県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)の区域内にあるPCB廃棄物(高圧トランス・高圧コンデンサ等)を受け入れ、化学処理により無害化するための施設です。

PCBとはポリ塩化ビフェニルの略称で、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体など主に建設現場で様々な用途として利用されていましたが、人体に有毒であるとして、事業者の保管・廃棄が課題となっていますが、こちらの施設では高濃度のPCBを水熱酸化分解法で処理をしています。

事業活動により発生した産業廃棄物やそれ以外の一般廃棄物も分ければ資源となり、混ぜればただのごみとなります。今回の見学会を通じて環境問題は他人ごとではなく身近な問題として、まずは一人一人ができることから始めていくことが大切だと感じました。

見学会の後には懇親会もあり、参加された方々と楽しく交流することができました。一緒に参加した皆様どうもありがとうございました!

解体工事業登録申請の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は解体工事業の登録申請のため埼玉県庁へ行ってきました。

解体工事業の登録は建設リサイクル法などの規定により、建築物等の解体工事を業として営もうとする場合に、業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。したがって、解体工事を埼玉県や東京都、神奈川県、千葉県など複数の都県で行うためにはそれぞれの都県で登録申請をする必要があります。

また、解体工事業の登録業者が請け負えるのは、1件500万円未満(消費税を含む)の解体工事で、500万円以上(消費税を含む)の解体工事を請け負う場合には建設業許可を取得しなければなりません

当事務所では各都道府県庁への新規申請や更新のための申請書類の作成および提出を下記の料金で承ります。なお登録の有効期間は5年となりますので5年ごとに更新が必要です。

解 体 工 事 業 登 録 申 請 料 金 表
業 務 内 容 報 酬
(税別)
登録審査手数料
新規申請  30,000円 33,000円(東京都の新規登録審査手数料は45,000円)
更新申請  30,000円 26,000円
対応地域:全国(申請書類の作成のみや提出の代行のみも承ります。)
別途交通費がかかる場合は事前に金額をお伝えします。
公的証明書の取得にかかる費用は実費にて請求させていただきます。

登録審査手数料は申請日の前日までにお振込みをお願いしております。その他の報酬分のお支払いは申請終了後に申請書類の控えと請求書をお送りしますので、指定口座にお振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

産業廃棄物処理業講習会

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は日本産業廃棄物処理振興センター(JWセンター)が開催している「産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」を受講してきました。この講習会を受講し修了証を取得することが産業廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処分業などの許可申請をするために必要な要件の一つとなっています。

私自身が産業廃棄物処理業の許可を取得するわけではありませんが、ここ最近お客様より産業廃棄物収集運搬業の新規許可や更新許可の申請代行のご相談をいただくことが多く、勉強のため受講することにしました。

今回、私が受講した講習会は収集運搬課程の新規というもので、新たに産業廃棄物収集運搬業の許可申請をするときには受講しなければなりません。また既に収集運搬業の許可を取得している場合でも、許可を更新するためには収集運搬課程の更新の講習会の受講が必要となります。

講習会を受講し取得した修了証にはそれぞれ有効期間があり新規は5年間、更新は2年間となります。更新の場合、講習会を受講し修了証を取得しただけで許可が更新されるわけではなく、修了証と合わせて更新のための申請書類を作成し、許可期限日までに都道府県庁に提出しなければなりませんので注意が必要です。

修了証を取得するためには講習会の最後に行われる修了試験に合格する必要がありますが、試験に出る重要事項は講師の方が繰り返し説明してくれるので、しっかりと講習を受けていれば問題なく合格できると思います。ご参考までに合格した方には日本産業廃棄物処理振興センターから書留で下記のような修了証が送られてきます。

当事務所では忙しいお客様に代わって許可取得のための申請書類の作成から都道府県庁への提出まで迅速に対応いたします。申請にかかる料金及び手数料などはこちらをご覧ください。埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県など関東地方の申請はもちろんのこと、関東地方以外の日本全国の申請も代行を承ります。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ
(日曜日・祝日も可能な限り対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください)

産業廃棄物収集運搬業許可申請(積替え・保管を除く)の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は産業廃棄物収集運搬業の許可申請のため東京都庁へ行ってきました。

事業活動により発生する廃プラスチック類や金属くずなどの産業廃棄物を事業者から委託を受け、産業廃棄物の中間処理施設などへ運搬するためには産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。

この産業廃棄物収集運搬業ですが、建設業許可のように許可を取得すれば全国どの都道府県でも収集運搬が可能なわけではなく、産業廃棄物を積み込む場所と降ろす場所の両方の許可を取得する必要があります。

例えば、埼玉県の事業者から委託を受けた産業廃棄物を神奈川県の中間処理施設へ運搬する場合には埼玉県と神奈川県の両方の許可を取得しなければなりません。ただし運搬のために通過するだけの東京都の許可を得る必要はありません。

当事務所では各都道府県庁への申請日の予約から必要書類の収集や申請書類の作成・提出を下記の料金で承ります。

産業廃棄物収集運搬業許可申請(積替え・保管を除く) 料金表
業 務 内 容 報 酬
(税別)
申請手数料
新規許可申請  60,000円 81,000円
更新許可申請  60,000円 73,000円(東京都の更新申請手数料は42,000円)
各種変更届
(役員や車両の変更など)
6,000円 必要ありません
各種変更届
(代表者や商号、住所の変更など許可証の書換えを要するもの)
10,000円 必要ありません
対応地域:全国(申請書類の作成のみや提出の代行のみも承ります。)
別途交通費がかかる場合は事前に金額をお伝えします。
公的証明書の取得にかかる費用は実費にて請求させていただきます。

申請手数料は申請予約日の前日までにお振込みをお願いしております。その他の報酬分や公的証明書の取得費用などのお支払いは申請終了後に申請書類の控えと請求書をお送りしますので、指定口座にお振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

貨物軽自動車運送事業届出の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は貨物軽自動車運送事業(いわゆる黒ナンバー)の届出のため埼玉運輸支局と軽自動車検査協会へ行ってきました。

近年の通信販売の利用率の高まりから通信販売会社などから委託を受け、荷物を配送するために黒ナンバーを取得し、貨物軽自動車運送事業を開始する事業者が増えていると聞きます。

一般貨物自動車運送事業(いわゆる緑ナンバー)は人的要件や必要資金などの要件を満たさなければ取得できませんが、貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)は軽自動車1台から始められ、書類に不備がなければ即日黒ナンバーの交付が受けられるため届出後すぐに事業を開始することができます。

当事務所では貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)の開始に必要な書類の作成及び提出を下記の料金で承ります。

貨物軽自動車運送事業経営届出 料金表
業 務 内 容 報 酬(税別) ナンバープレート交付費用
(埼玉県の場合)
貨物軽自動車運送事業経営届出書 作成・提出 40,000円 1,480円(実費)
対応地域:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県(書類作成のみの場合は全国で承ります)
【ご用意いただく書類など】
個人のお客様:住民票
法人のお客様:履歴事項全部証明書
個人・法人のお客様共通:車検証の原本、黄色ナンバープレート(現在お使いの軽自動車で申請する場合)

お支払い方法は手続きの終了後に、指定口座にお振込みとなります。お客様には新たに交付された黒ナンバープレートと提出書類の控え、請求書をお送りします。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ