車庫証明申請の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は車庫証明の取得申請のため埼玉県内の警察署へ行ってきました。

自動車を購入する際によく聞く「車庫証明」ですが正式名称は「自動車保管場所証明」といい、新車や中古車を購入した場合の登録手続きには車庫証明が必要となります。

車庫証明の取得はそれほど難しいわけではありませんが、申請書の提出と車庫証明の受領のため管轄の警察署で手続きが必要で、警察署の窓口は休日は開いていませんので平日に2回行かなくてはならず、書類に不備などがあれば改めて出直さなければいけない場合もあります。

当事務所では忙しいお客様に代わって申請書の提出と受領を代行いたします。料金及び手数料などは下記となります。

提 出・受 領 代 行 業 務 の 料 金 表
車庫の所在地 報 酬(税別) 収入証紙代
蕨市・戸田市  普通車5,000円 普通車2,600円

軽自動車500円

※返信用封筒の同封がない場合は送料360円が別途かかります。

さいたま市・川口市  普通車5,500円
朝霞市・和光市・志木市・新座市  普通車6,000円
草加市・八潮市・上尾市・桶川市・伊奈町  普通車6,500円
軽自動車の届出は上記の報酬額から一律1,000円引きとなります。
上記は記入済みの申請書、配置図などの書類一式をお送りいただいた場合の料金です。申請書や配置図の記入・作成をご希望の場合は別途ご相談ください。

事務所の所在地はさいたま市中央区ですが、自宅は蕨市のため蕨警察署の管轄区域である蕨市・戸田市の車庫証明は最短スケジュールでの対応が可能です。

その他のエリアも可能な限り最短のスケジュールで車庫証明取得の対応をさせていただきますので全国のディーラー様、行政書士事務所様からのご依頼もお待ちしております。お支払い方法は車庫証明と一緒に請求書をお送りしますので、指定口座に後日お振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

夏の日焼け

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

最近お会いする方からよく「日焼けした?」と聞かれます。

行政書士は事務所で一日書類の作成をしていると思われがちですが、実際にはお客様との打ち合わせや役所への書類提出などで外出する機会がとても多いです。移動は近くの場合は自転車や徒歩が多いのですが、知らぬうちにだいぶ日焼けしていたようです。営業マンが外回りで日焼けするのと同じですね。

特に許認可に関する業務を中心にしていると、建設業のお客様にお会いするため建設現場へ伺ったり、現地調査のため産業廃棄物の中間処理場へ同行したりしますが、その業界に関する新しい発見や気づきがあったときは行政書士業務の奥深さを感じます。こうした知識や経験の積み重ねは自分を成長させ自信につながっていきます。

お客様が自社の事業の拡大や新会社を設立し新規事業を立ち上げる際には、新たに行政庁の許可を取得したり、現在取得している許可の変更が必要となることも多いですが、お客様の前向きなチャレンジに関わることができ、許可の取得後も継続的にサポートができる行政書士の仕事は責任を感じるとともにやりがいが大きいです。

許可申請は役所の手引きを読めばある程度のことは分かりますが、許可要件を満たす有資格者が社内にいるか、有資格者がいない場合は実務経験で証明できるか、などお客様の状況に応じて進め方が変わってきます。申請のために準備する書類が多くて大変、平日は役所へ行く時間がとれない、というときは私たち行政書士の出番です。

まだまだ暑い夏が続きそうですが、当事務所は夢やビジョンの実現に向かって積極的にチャレンジするお客様を全力でサポートいたします!お盆期間中も通常営業していますのでお気軽にお問い合わせください。

付箋(ふせん)のような存在

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

当事務所ではお客様にお会いした際にオリジナルの付箋(ふせん)ブックを差し上げています。

開業のご挨拶の際に名入れタオルの代わりに、お客様の事務所でデスクなどに置いてお使いいただけるようにと考えて作成しました。お客様からの評判も良く、喜んでくださる方が多いのでたびたび追加発注しています。

付箋は仕事をするうえで皆さん必ずといっていいほど使うものだと思います。ちょっとしたことをメモしたり、資料の重要なページの目印にしたりと何かと便利でビジネスに欠かせない存在です。

行政書士の業務においても必要書類にお客様の押印をいただく際に、法人の代表印と個人の実印箇所などを付箋で色分けをして、押し間違いがないように分かりやすくするなど付箋の出番はとても多いです。

先日もこの付箋をお配りしたお客様が当事務所に依頼をしてくださり、お客様と新たなご縁ができたことは本当に嬉しい限りです。当事務所はお客様が困ったときに役に立てる便利な存在、そんな行政書士事務所でありたいと考えています。

汗は人を強くする

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

「涙は人を優しくする 汗は人を強くする」これは今月の「荒 了寛カレンダー」に書かれている言葉です。ある経営者の方にこのカレンダーを頂き、毎月どんな言葉が書かれているのか月末にカレンダーをめくるのが楽しみの一つになっています。

荒 了寛さんは国際的にも著名な天台宗のお坊さんで数多くの言葉を残されていますが、カレンダーをめくるたび日常生活や仕事などの何気ない場面において、相手への気遣いや心配りが信頼関係を築くうえでとても大切であると気づかされます。

汗は人を強くするとは、努力は無駄になることはなく必ずいつか自分の力になるという意味だと思います。梅雨明けはまだもう少し先ですが、これから夏本番に向けてしっかり汗をかいていきます。

ちなみに先月のカレンダーの言葉は「心の姿勢をよくしていれば 顔つきもよくなります」でした。荒 了寛和尚のカレンダーは「羅漢さんの絵説法」で調べてみるとイラストに見覚えがあるという方も多いのではないでしょうか。

定款の事業目的

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

行政書士の業務の一つに会社を設立する際に必要な定款の作成があります。
定款は会社の憲法やルールブックともいわれ、会社の称号や目的、機関設計などの根本規則が記載されます。

会社の設立時や設立後に新たな事業を開始しようとするときに、行政の許認可が必要な事業を行う場合には、あらかじめ定款の目的に行う予定の事業名を記載することが条件となっている場合があり業種ごとに書き方も異なります。

例えば建設業を行う場合でも内装仕上工事業や塗装工事業、大工工事業など、建設業のどの業種を行うのかによって定款の目的の書き方は異なりますし、廃棄物の収集運搬業を行う場合でも一般廃棄物か産業廃棄物かによって記載の仕方は変わってきます。

行う事業の記載が目的にない場合には、定款の変更をしなければ許認可の申請ができない場合もあるので注意が必要です。設立時には事業の拡大をみすえて想定される事業内容を含めて記載しておくことをお勧めします。

お客様との会話の中から将来的に必要な事業内容がみえてくることも多いので、定款にどのように記載したらよいか分らないときはお気軽にご相談ください。もちろん定款作成だけでなく会社の設立登記などは提携する司法書士と連携してサポートさせていただきます。

傾聴力の大切さ

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日、ある経営者の方とお会いした際に行政書士の仕事は何ですか?とご質問をいただきました。

行政書士の主な業務には、建設業許可や産業廃棄物収集運搬業許可などの許認可業務、外国の方が日本で仕事をしたり生活をするために必要な在留資格に関する国際業務、相続手続きや遺言書作成に関する業務などがあり、事務所ごとに専門とする分野が異なることが多いのが特徴です。

同業の行政書士や司法書士、税理士などの他士業間では互いに何を専門業務とするか把握しているので連携を取りながら業務を進めることもありますが、そうではない一般の方には行政書士の業務についてはまだまだ知られていないことが多いようです。

軽自動車で運送業を始めたい(貨物軽自動車運送事業届出)、中古の事務機器類の売買をしたい(古物商許可申請)など、お客様との何気ない会話から業務依頼につながることもあります。行政書士の仕事内容をお客様に分かりやすく伝えることが重要であると感じます。

私たち行政書士にはお客様が考える将来的なビジョンや事業展開を的確に理解し、方向性を示してあげることも求められているのだと思います。そうした意味で傾聴力は欠かすことができない大切なものです。

日々是勉強也

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日、埼玉県行政書士会が開催する基礎研修の受講が終わりました。
4月から6月にかけて9分野の業務についての研修でした。

行政書士の業務範囲はとても幅広いのですが、今回の研修では主に下記の業務について学びました。

・建設業許可
・産廃収集運搬業
・貨物運送業
・法人設立関連
・相続・遺言書作成
・外国人在留資格 など

自分が専門としていく業務だけでなく、新たに興味がある業務もみつかりました。

専門性を高めるためには日々の勉強が欠かせませんが自分自身が学ぼうとしてする勉強は楽しいものです。

まさに日々是勉強なりです。

胡蝶蘭の二度咲き

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

4月に開業してから早いもので2ヶ月が経ちました。ありがたいことに少しずつですが問い合わせも増えてきています。

取引先のお客様より開業祝いに送っていただいた胡蝶蘭も2ヶ月が経ち、とうとう花が落ちてしまいました。

事務所に彩りを与えてくれる貴重な存在だったので残念に思っていたところ、きちんと管理をすれば胡蝶蘭は二度花を咲かせることができるようです。

早速、インターネットの情報を参考に茎をカットし、また花を咲かせてくれるように手当てをしました。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」だそうです。
幸福が根付くようにという思いからお祝いに送られることが多いそうです。

花言葉の意味を知りあらためて胡蝶蘭を送ってくださったお客様に感謝するとともに、これから少しずつ事務所も胡蝶蘭と一緒に成長していきたいと思います。

たいへんなことも多いですが夢や希望をもって働くことの楽しさを日々感じています。

体調管理も仕事のうち

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

ここ数日は5月にもかかわらず真夏のような厳しい暑さが続いていました。

熱中症対策にスポーツドリンクなどで塩分と水分を補給しながら業務を行っていましたが、暑さによる疲れからか風邪をひいて突然声が出ない状態となってしまい、お客様にも打ち合わせの日程を変更していただくなどご迷惑をお掛けすることとなってしまいました。

以前にもこの時期に風邪で急に声が出なくなるということがあったので季節がら体調を崩しやすいのかもしれません。風邪をひきそうな予兆を感じたら早めに薬を飲んだり十分に睡眠をとったりするなど、何ごとも事前の対策が大切であるとあらためて感じました。

現在は個人事業主として一人で事務所を開業したばかりで自分の代わりとなってくれる人はいません。開業直後に先輩行政書士の方に言われた個人事業主は身体が資本という言葉をいま身にしみて感じているところです。

幸いすでに快復しましたが今後は体調管理も仕事のうちと考えて自己管理に努めていきたいと思います。皆さまもどうか体調に気をつけてお過ごしください。

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

こんにちは。さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」これは井上靖氏の言葉だそうで、ある経営者の方から教えていただきました。

自分が努力をしていれば話す内容は自然と将来の夢や希望など明るいものになり、逆に努力を怠っていれば現状への不満や愚痴などが多くなるという意味だと思います。

最近さまざまな経営者の方にお会いしたり話をしたりする機会があるのですが、夢や目標を持ちその実現に向けて努力をされている人は表情や言動が明るく、自信に満ちあふれていて、私までそのエネルギーを分けてもらっている気がします。

私自身も日ごろから努力し希望を語る人間であるかどうか、時おり自分の言動や行動を省みたいと思います。